ミ サ
ミサはキリストの教えに従ってカトリック教会が最も大切にしている祭儀です。
司祭とともに、みんなが一致して神への祈りをささげます。 
  ・主日のミサ 
     土曜日 午後7時
     日曜日 午前9時、11時
  ・外国語のミサ  
     ポルトガル語 第1日曜日 午後3時 
     英語     第2日曜日 午後3時
     スペイン語  第4日曜日 午後3時
  ・毎日のミサ 
     午前7時  (但し、日曜日と第2木曜日はありません。)
  ・その他
     火曜日、木曜日、第1金曜日、カトリックの祝日 午前10時
    
  ・降誕祭(クリスマス) 
     イエス・キリストの誕生を祝う祭りです。12月24日夜と25日昼

  ・復活祭(イースター) 
     イエス・キリストが十字架上で死に、3日目に復活されたことを祝う祭りです。
     春に行われますが年によって日が異なります。
     降誕祭と復活祭の日時については都度「お知らせ」に掲載します。

朝 祷 会
カトリックとプロテスタントとが互いに理解しあう集い、エキュメニカル運動の一つです。  
  ・第2木曜日 午前7時〜8時 

テゼの祈り  
・第4土曜日 14時〜 聖堂 
「テゼ」は1940年にブラザー・ロジェによってフランスのテゼ村で始められた男子の観想修道会です。
カトリックとプロテスタントを出身とするブラザーたちが25ほどの国々から集まり、フランスのテゼ、また世界の貧しい地域で生活しています。
テゼでは、1日3回、ブラザーたちとテゼを訪れているすべての人が共同の祈りに集まります。
歌と聖書の朗読と沈黙。テゼの歌は、世界各地に広まり、多くの言語で歌われています。
テゼの歌は短いフレーズを何回も繰り返し歌いますから初めての方でもすぐ歌えるようになります。
テゼの祈り (ある日の式次第)
1 「あわれみたまえ主よ」(53番)
2 「恐れるな わずらうな 主はともにおられる 満たされるあなたは 神によって」(52番)
3 「おぉ、キリスト 主なるイエス おぉ、キリスト 主なるイエス」(19番)
4 「アレルヤ アレルヤ アレルヤ」(67番)
5  マタイによる福音(翌日の主日の典礼 福音書から)
6 「イエス うちなるひかり やみにとどまることなくイエス あなたの愛を むかえられるように」 (24番)
7  霊的読書 「テゼの源泉―これより大きな愛はない―」ブラザー・ロジェ
8  共同祈願 答唱句「キリエ キリエ エイレイソン、キリエ キリエ エイレイソン」(61番)
 @ 聖書と典礼例文(翌日の聖書と典礼から)
 A    〃
 B    〃
 C(枚方教会のために)
 Dご自由に
9  主のいのり(ミサのときの)
10 「いつくしみと愛の あるところ かみともに」(3番)
11 司祭による祝福