耐震工事が終わったレジデンス            
 
 かねてより耐震工事が進められていたレジデンスは昨年末に工事が終わましたので取材してきました。
 建物の外側に鉄骨を組む耐震構造ではなく、壁の内側に耐震構造が施され、
 その部分は壁が厚くなって部屋として幾分狭くなっているそうですが、
 言われても分かりませんでした。
 今回の工事で全体に明るい感じになり、
 エレベータの設置や障害者用トイレ、バリアフリーなど障害者や高齢者に対する配慮がなされています。
 全体に一新されたという感じを受けました。

 入口石段の右に車椅子用のスロープが設けられました。
 玄関を入った右側の履き物入れの棚は前と同じで、裏側にあった倉庫は書架になっています。
 階段の左側は数人が乗れる小型のエレベータ、障害者用のトイレ、
 男子用トイレが1つとウォッシュレットのトイレが3つと洗面。
 廊下の突き当たりの台所は流しが右に、レンジが右から正面に移され
 以前より明るくなったせいか広く感じです。
 玄関を入った左の小聖堂などは書架と物置きになっています。
 廊下左側の会議室、応接、食堂の位置は変わっていません。

 2階は従来通り修道院です。
 階段を上がった左の畳の部屋は神父様方の台所付の食堂、
 右奥は個室がいくつか並んでいてビジネスホテル風の部屋に、一番奥に小聖堂があります。

 3階の聖堂は同じ位置、隣の2つの畳の広間に有ったロッカーは
 布団などを入れる押し入れになっています。
 廊下の突き当りの布団の倉庫はシャワールームになり、廊下右には4つのトイレと洗面台です。
 廊下と洗面台の間は四角のガラスブロックで仕切られ明るい感じがします。

  

玄関の右にスロープ
 
そのスロープの登り口
 
エレベータ
 
1階の食堂

障害者用ウォッシュレット

1階の台所

3階の洗面

廊下と洗面の間のガラスブロック

シャワールーム

3階の広間ロッカーが押し入れに