新型コロナウィルス感染症に伴う措置について 大阪教区よりのお知らせ(重要!!)

大阪教区より下記の措置が追加発表されました。
4月末日までの主日ミサは中止となります。ご注意ください。


新型コロナウィルス感染症にともなう措置(第5次)

2020年4月1日

教区の皆様

大司教 前田 万葉

 +主の平和

 公開ミサを4月9日(木)の聖木曜日・主の晩さんの夕べのミサから再開する予定にしていましたが、現在の状況を鑑みて、以下のように変更することといたしますので、お知らせいたします。

1. 大阪教区での公開ミサは、4月末まで中止とします。5月以降に関しては、4月23日(木)ごろをめどに、改めて通知します。

2. ミサ以外の諸行事や講座などに関しては、できる限り延期または中止するようにしてください。

3. 秘跡の授与(洗礼、聖体、ゆるしの秘跡、病者の塗油など)に関しては、小教区の責任司祭に一任します。

4.結婚式や葬儀は、充分な感染対策をとった上で、通常通り行っていただいて結構です。

5.公開ミサ中止期間中、大阪教区のすべての信徒に主日のミサに与る義務を免除します。各自が家庭で、聖書を朗読し祈りを捧げたり、ロザリオの祈りをしたりする時を持つように勧めます。

6.大阪教区では、聖なる三日間の典礼(聖木曜日、聖金曜日、復活の徹夜祭)をインターネット中継することを検討しています。詳細が決まりましたら、お知らせいたします。また、東京教区では、主日のミサのインターネット中継を引き続き行うようです。

7.司祭の皆さんは、聖なる三日間の典礼を、3月19日のバチカン典礼秘跡省の教令に基づいて、非公開で以下のようにすることができます。

a)信者の物理的参加がないとしても、過越の三日間の典礼祭儀を祝うことができます。参列者がいない場合も、基本的に典礼の規定にのっとって式を行ってください。

b)聖木曜日:小教区司祭は主の晩餐の夕べのミサを共同司式することができます。また、すべての司祭に、この日、ふさわしい場所で、会衆の参加なしにミサをささげる権限が今年に限って例外的に付与されています。ミサの結びに行われる、安置所に向かう聖体の行列は省かれ、聖体は通常の聖櫃に安置します。ミサをささげることのできない司祭は、この日の「晩の祈り」を唱えます(『教会の祈り』参照)。

c)聖金曜日:小教区聖堂では、各責任者の判断で、実際に可能である限りにおいて、主の受難の祭儀を行います。盛式共同祈願に以下の意向を追加します。

(カトリック中央協議会HPよりダウンロード可能<新型コロナウイルス感染症に苦しむ世界のために> 助      新型コロナウイルス感染症に苦しむ世界のために祈りましょう。 神が苦しむ人々を支え、病への恐れと不安を取り除いてくださいますように。 (しばらく沈黙の後、唱える。) 司     希望のよりどころである神よ、病に苦しむ人に必要な治療を与え、医療に携わる人を感染からお守りください。ともにいてくださるあなたに支えられ、不安と混乱に襲われた世界が希望を取り戻すことができますように。
   わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。
d)復活の徹夜祭:「光の祭儀」では、火の祝福を省き、復活のろうそくをともし、行列を省いて復活賛歌を歌います。続いて「ことばの典礼」が行われます。洗礼の儀に関しては、「洗礼の約束の更新」のみを行い(『ミサ典礼書』272ページ、54参照)、「感謝の典礼」を続けます。教会で行われる復活徹夜祭に参加することができない司祭は、復活の主日のための「教会の祈り」の「読書」を唱えます(『教会の祈り』参照)。

 可能な限り、このお知らせを、外国人信徒を含めてすべての信徒にお知らせいただくようお願いいたします。なお、このお知らせの主要外国語版を順次以下に掲載いたしますので、ご利用ください。

 典礼暦年の中心であり、イエス・キリストの贖いの業と復活を記念する聖週間の典礼を、共同体として共に過ごすことができないのは、まことに心が痛むことです。また、復活祭に洗礼を受ける予定の方々にとっては、共同体の一員となる式を小教区の皆さんとともに祝えないのは残念なことでしょう。祈りのうちに、互いに支え合いましょう。さらに、復活祭後に異動される司祭・修道者の皆様には、離任および着任のあいさつが通常のようにはできない状況にあります。この場を借りて、これまでの任地でのお働きに感謝しますとともに、新任地でのご活躍をお祈りいたします。

 新型コロナウイルス感染で苦しむ患者、治療や介護にあたる医療関係者、信者の世話にあたる教会関係者、そして亡くなられた方々のために祈りながら、また、この災禍が一日も早く終息するよう祈りながら、聖週間を過ごしてまいりましょう。

スペイン語 Español


以上 

【神との出会い 人との出会い】
すべての出会いが神様のご計画
枚方教会信徒 U・R

「出会い」とは大きなテーマですが、今までに様々な出会いがあったように思います。

あったように…というと少し変ですが、自分でも気が付かないけど大きな出会いもあると思います。

例えば神様との出会いは生まれるずっと前なのに、私が気付いたのはずっと後のことです。

今までの人生で様々な出会いがありましたが、枚方教会との出会いについて振り返ってみたいと思います。

数十年前、私は京阪電車に乗って京都の学校まで通っていました。

窓から見えるかわいい三角屋根を毎日見ていました。

私の持っていた教会のイメージにピッタリの建物です。

“【神との出会い 人との出会い】
すべての出会いが神様のご計画
枚方教会信徒 U・R” の
続きを読む

ヘンデルの「メサイア」
すばらしい演奏会を体験!
枚方教会信徒 T・Y

キリスト教一致祈祷週間最終日の前日(1月24日)午後7時から、マラナ・タ教会主催の「メサイア」が枚方教会聖堂で開催された。

通常「メサイア」は、大編成のオーケストラと200人を超える合唱団で大きなコンサートホールで演奏される。

ベートーベン「第九」と共に年末のクラシック界2大イベントとなっている。

今回はかなりの小編成で、久下牧師によれば「素人の合唱グループ」とのこと、また会場も音楽会にふさわしい場所ではないのかと危惧していた。

しかし本来、メサイア誕生の秘話としては、慈善や慰安のために小編成での合奏合唱が行われたようで、この演奏会はその精神に合致していると合点した。

そしてM・Y氏の指導のもと、半年以上かけられた熱心な練習と、団員がワンチームとなって培われた成果が爆発したような一夜となった。

“ヘンデルの「メサイア」
すばらしい演奏会を体験!
枚方教会信徒 T・Y” の
続きを読む

新しく創造された者
旭基督教会牧師 岸本大樹
河北朝祷会より (2020.2.13 第230回)

使徒パウロは私たちに語ります。

「だから、キリストと結ばれる人はだれでも、新しく創造された者なのです。古いものは過ぎ去り、新しいものが生じた。」(コリントの信徒への手紙二5章17節)

「キリストと結ばれる者はだれでも」とパウロは言います。

これを自分のこととして受け止められる方は幸いです。

しかし、このように受け止められる方はあまり多くなくて、「私は何年も前に洗礼を受けたけれども、新しく創造された者どころか、古くてダメな人間だ」と考えるクリスチャンが多いように思います。

私たちがキリストに会って新しく創造者であるということを受け止めるためには、次の18節以下を正しく理解する必要があります。

“新しく創造された者
旭基督教会牧師 岸本大樹
河北朝祷会より (2020.2.13 第230回)” の
続きを読む

四旬節 《本当の幸せを求めて》
助任司祭昌川信雄

よく耳にする疑問や質問があります。

*「人類を救うために来られた神様は、敵に身を任せて自分の命を捨てて逝きました。この方を『救い主』と崇めていますが、どのように私たちを救ったというのですか?」

*「苦しいとき、『祈りなさい。神さまとお話しなさい』と勧められますが、神様からは一向に返事がありません。ネット検索の方が手っ取り早いです。」

*「『許しなさい、自我に死になさい』と言われても、私には無理。どうしてそんなことが出来るのでしょう?」

座席99・9%の乗客がスマホと向き合っている昨今。

このような質問に言葉を尽くして名解答を与えたとしても、おそらく世の人々に体で納得してもらえないもどかしさを感じます。

“四旬節 《本当の幸せを求めて》
助任司祭昌川信雄” の
続きを読む

御名を慕って歩み始めよう
主任司祭 長崎 壮

長崎神父写真

駆け出しの会社員時代、仕事相手の人に名前を覚えていただいていることを知ったときはとても嬉しかったことを思い出します。当時の私にとって相手の名前をできるだけ早く覚えることが仕事のひとつでしたが、最近その能力が落ちてきているようでしきりに反省しています。

名前は人格の入口だと言われ、名前を知ること、相手を名前で呼ぶことでその人との親しさはグッと増します。

その意味で外国から宣教師として来られた司祭で日本人の名前を早く覚えられる司祭からは宣教師としての熱意が感じられ偉いなあと思います。

カトリック国と言われる国では洗礼名がそのまま社会の中の公の名前にもなりますが、日本をはじめ宣教国では多くの方が公の名と霊名(洗礼名)とふたつの名前をいただくことになります。

親は自分の子供に名前をつけるとき、我が子の将来の幸せを願い、期待を込めて名づけますが、信者の家庭であれば洗礼名をつけるときも同じ思いでしょう。

“御名を慕って歩み始めよう
主任司祭 長崎 壮” の
続きを読む

令和2年婦人会新年会
開催日時1月17日 開催場所枚方教会

新年会当日は、25年前に起きた阪神淡路大震災の日、参加者(神父様4名を含め34名)で、1分間の黙祷を捧げ冥福を祈りました。

新年会は、Tさんのアコーディオン伴奏で「アーメン・ハレルヤ」を合唱後、Kさんの乾杯の音頭で始まりました。

91歳の誕生日を迎えられたフラデラ神父様に、3人の神父様から祝いの言葉と思い出話、感謝の言葉があり、ウイットに富まれているフラデラ神父様は、「私の冥福を祈って下さい」と応えられました。

それに反応したベテラン信徒は、フラデラ神父様からマイクを取り上げ「ダメです。頑張って下さい」と話して、マイクを返しました。

フラデラ神父様が話そうすると、またマイクを取り上げ話し出すということが繰り返され、神父様はおどけたようにマイクのコードを指でカットするしぐさで応戦します。

“令和2年婦人会新年会
開催日時1月17日 開催場所枚方教会” の
続きを読む

新しい年を迎えて

元日のミサと車の祝別新年を迎えて、元日のミサが0時、10時、12時に行われ、「神の母聖マリア」祝い、世界平和を祈願した。

ミサ後には車の祝別が行われ、運転者や同乗者も交通安全を祈願して神父様方から祝福を受けた。祝別された車の所有者からは、それぞれ献金して頂いた。

新成人の祝福1月12日(日)は「主の洗礼」の祝日、11時のミサ中に新成人の祝福が行われた。

司式をされた長崎神父は、この「主の洗礼」の日に教会はなぜ成人のお祝いをするのか、その共通点について説明された。

“新しい年を迎えて” の続きを読む

ルカによる福音書23章3―243節
私を思い出してください
カトリック枚方教会信徒K・T
河北朝祷会より (2020.1.9 第229回)

2年前の2月12日、死を迎えようとしている妻の枕元で私はテゼの歌を歌い続けていました。

「イエスよ、御国においでになるときに、イエスよ、私を思い出してください」。

十字架上のイエスの両側に同じように十字架に付けられた犯罪人の一人が、「お前はメシアだろう。自分と我々を助けてみろ」とイエスを罵ったのに対して、もう一人が「お前は神を恐れないのか、我々は自分のやったことの報いを受けているが、この方は何も悪いことをしていない。」と言った後にこの言葉を続けます。

妻の枕元でこの歌を歌いながら御国のことを思い巡らしていました。

“ルカによる福音書23章3―243節
私を思い出してください
カトリック枚方教会信徒K・T
河北朝祷会より (2020.1.9 第229回)” の
続きを読む

ペシャワール会の中村哲医師を偲んで

ペシャワール会支援チャリティーコンサートへのご協力、有難うございました。

会の代表中村哲医師は、昨年12月4日に現地アフガニスタンで銃弾を受け亡くなられました。

キリスト教信者であった中村さんの活動は私たち信徒の模範、中村さんを偲んでその活動を振り返ってみたいと思います。

“ペシャワール会の中村哲医師を偲んで” の続きを読む