The Philippine – English Community(フィリピンー英語共同体) 2019年4月

Philippine-English Community
Hirakata Church Filipino Community

As of January 13, new officers were elected, year 2019~2022.
Lenten season starts on March 6, Ash Wednesday,it is a christian holy day of prayers, fasting and repentance.It takes place 40 days until Easter Sunday.
March 10, before the mass, a holy retreat or recollection was headed by Sister Clare and after that a confession.The purpose of spiritual retreat refreshes and revitalizes, gives the opportunity for more time spent in prayer and contemplation.


Holy Week begins on holy Monday April 15, ends on easter Sunday April 21.
April 14, Palm Sunday (linggo ng palaspas or branches Sunday).Worshipers bear ornately woven palm fronds or palaspas to church for blessing by priest, before or after the day’s mass.The fronds are often brought home and placed on altars doors or windows, in the belief that these can ward off demons and everts both fire and lightning.
Good Friday, people gather in churches for veneration of cross, it is the Holy Interment which is both the name of the rite itself and of the statue of the dead Jesus Christ.
Black Saturday, is the ritual of mourning for the death of Jesus Christ.Then the Easter Sunday, is marked with joyous celebration of the resurrection of Jesus Christ from the dead.

Making Easter Eggs, and for christian, the custom of giving eggs at easter celebrates New Life.These eggs were painted in bright colors to give them further meaning as a gift.
We are inviting everyone, every 2nd Sunday of the month 3 o’clock in the afternoon. More events and celebration will be held and will be posted.Thank you very much.
(written by Secretary: O・A)

フィリピン共同体

2019年1月13日に、2019~2022年の新しい役員が選出されました。

四旬節は、祈りと断食と回心のキリスト教徒の聖なる記念日である灰の水曜日の3月6日から40日間続きます。3月10日には英語ミサの前にシスタークラーレの指導で黙想会があり、その後赦しの秘跡を頂きました。霊的黙想は、祈りと黙想の時間を新たにし活性化することを目的にしています。

4月14日は枝の主日で、聖週間は聖月曜日の4月15日から復活の日曜日まで続きます。参拝者はシュロの葉を身に着けてミサの前又は後に司祭の祝福を得、家に持ち帰り祭壇やドアや窓に飾ります。それらは、悪魔を防ぎ、火事や稲妻を抑えると信じられています。聖金曜日には十字架の礼拝のために教会に集います。それは式の名前と同時に亡くなられたイエス・キリストの像の礼拝を意味します。聖土曜日はイエス・キリストの死を悼む日です。そして復活の主日は、イエス・キリストの死からの復活を祝う喜びの日です。復活の卵を贈るキリスト信者の習慣は新しい命を贈ることを意味します。これらの卵は明るい色を付され、贈り物としての意味も加えられます。

毎月、第2日曜日3時からのミサに皆さんをお招きします。多くの行事やお祝いがありますよ。 (書記 O・A)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です