Philippine-English Connunity Hirakata Church Filipino community(フィリピンー英語共同体) 2019年7月

After the lenten season to easter, in thePhilippines, Flores de Mayo (spanish for Flowers of May) is a festival held in the month of May.It is one of the May Devotions to the Blessed Virgin Mary and lasts for the entire month.Devotees offer flowers and prayers to an image of Mary every night.

The Santacruzan(holy cross) is the ritual pageant held in the cities, towns, and even small communities throughout the Philippines on the last day of the Flores de Mayo and novena is held in honor of the Holy Cross. It honors the finding of the true cross by Helena of Constantinople (known as Reyna Elena).

There is a procession during Flores de Mayo and the participants would follow the typical arrangement.The procession is accompanied by the steady beat of a local brass band, playing and singing the “Dios Te Salve” spanish version of the Hail Mary.Devotees hold lighted candles and sing the prayer as they walk.It is customary for males, participating in the santacruzan to wear the traditional Barong Tagalog, and that the females wear any filipina- inspired dress.(Contributed by Mrs. A・O)

枚方教会 フィリピン英語共同体

四旬節と復活祭の後、フィリピンでは5月に「5月の花」の祭が祝われます。それはマリア様への奉献行事の一つで、1か月間続きます。敬虔な信徒は、毎晩、花と祈りをマリア像に捧げます。

「聖なる十字架」は、「五月の花」の最終日にフィリピン中の市や町や村で行われる儀式的な行列です。「聖なる十字架」のためのノヴェナ(9日間)の祈りも行われます。これは(レイナ・エレナとして知られている)コンスタンティノープルのヘレナが真の十字架を発見したことを記念するものです。

「5月の花」の期間中には行列があり、参加者は(写真のような)独特な取り決めに従います。行列には土地のブラスバンドがつき、きれいに音頭をとって「マリア、万歳」のスペイン語の「Dios Te Salve」 を演奏し、合唱があります。信者たちは灯のついたろうそくを手に、歩きながら祈り歌います。「聖なる十字架」に参加する男性は、伝統的なタガログの衣装を、そして女性はいろいろなフィリピンの衣装を、身に付けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です