「第41回日本カトリック正義と平和全国集会 大阪大会」の分科会・拉致を知り、共に祈ろう を終えて  N・T

     

「横田めぐみ」さんを覚えておられますか、若い方はご存じでしょうか。

44年前、新潟の海辺近くの街に二人の弟と両親と幸せに暮らしていた13歳のめぐみさんが、ある日突然姿を消した。

学校のクラブ活動を終え夕暮れ時、自宅への帰り道でいなくなった。

失踪、誘拐、事故か。

大捜索が続けられたが、手掛かりは全く無く、ご両親は悲嘆にくれました。

数年後あまりの悲しみから、お母様の早紀江さんは友人から勧められた聖書のヨブ記を読まれ、やがてキリスト者としての洗礼を受けられた。

行方不明から20年後、めぐみさんはなんと北朝鮮に連れ去られていたことがわかった。 “「第41回日本カトリック正義と平和全国集会 大阪大会」の分科会・拉致を知り、共に祈ろう を終えて  N・T” の続きを読む

新コロナウィルス抗菌・除菌工事

7月30日(金)13時から聖堂及び集会の家の抗菌・除菌工事が実施されました。

昨年の10月12日(日)に第1回目が実施されて以降、今回で4回目となります。

有効期間の関係で3カ月ごとの実施となっています。

薬剤の噴霧器が小型になったことより、初回は1台でしたが今回は3台で同時に実施されましたので、短時間で完了しました。

集会の家の抗菌処理

平和旬間の取り組み 社会活動委員会

今年の平和旬間行事は、コロナの関係で中止になりましたが、ペシャワール会の活動をDVD視聴を通じて取り上げる予定でした。

その目的を知っていただきたいと思います。

ペシャワール会中村哲さんのアフガニスタンでの仕事は平和活動を目的にしたものではなく、それを平和旬間で取り上げることに違和感を持たれる方もあったかもしれません。

ペシャワール会の活動は、大げさなスローガンを掲げるのではなく、人としての素朴な思いから始まりました。

人々が普通に生きられるように衛生状態の改善から取り掛かるという医師の立場からなされたのです。

先ず水の確保、農地を回復させれば生活が出来、人々のコミュニティーが復活します。

戦争に行きたい人などいません。

皆、喜んで農民になります。

“平和旬間の取り組み 社会活動委員会” の続きを読む

枚方教会のコロナ対策

一時収まっていた大阪府のコロナ感染者数が最近急増し、医療もひっ迫してきています。
枚方教会におきましても、ミサ再開後は、感染防止の種々の取り組みをしてきましたので、それらを紹介し、それらの徹底実践とミサ参加者のご協力をよろしくお願いします。

◎ミサに与られるに際しては、以下の徹底をお願いします。
・自宅で検温し、体温が高い場合にはミサ参加を控える。
・マスクを必ず着用する。
・集会の家で、聖堂に入る前に記名カードに記入する。(氏名・連絡先を必ず記入)
・手指の消毒をする。 “枚方教会のコロナ対策” の続きを読む