ルイス・フロイスに なった「くらわんこ」 寄稿者Fさん

鍵屋のマリア観音

11月の関西文化の日に市立枚方宿鍵屋資料館に見学に行きました。マリア観音と伝えられているものも展示されています。帰りに頂いた枚方文化観光協会の2019年のカレンダーを見て驚きました。そのカレンダーには「くらわんこ枚方ゆかりの人々」として、古墳時代には継体天皇、奈良時代には百済王敬福、平安時代には在原業平、室町時代には蓮如上人などに、犬のキャラクターの「くらわんこ」が扮しているイラストが描かれています。そして戦国時代にはなんとルイス・フロイスに!

今のところ確認できたのは、ルイス・フロイス著『日本史』の中に、フロイスが1565年に都から追放され、飯盛城や三箇(現在の大東市)のキリシタンたちのいる河内の国に向かう途中に、枚方で夜を迎えたが真夜中には飯盛城の麓の教会に到着したという記録があるだけです。同行者には小西行長の父、小西ジョウチン立佐もいたようです。

「司祭は都から約二里距たった鳥羽で船に乗り込んだが、それは同行した三好日向殿の家臣たちが司祭のために用意していたものであった。ここで都のキリシタンたちは司祭に別れを告げたが、常に司祭のもとに留まった三名を除き、その数は大勢であった。その地で司祭はダミアン修道士を通じ、野外でもう一つ別の説教を行ない、いっそうデウスに信頼するように、そして自分たちはデウスの御恩寵により、まもなく再び帰り来る慰めを得られようと彼らを励ました。そして枚方という地で夜になったが、一行は、すぐ川岸に飯盛城から派遣されて来てそこで一行を待機していた馬や貴人たちを見出した。真夜中に、彼らは一つの礼拝堂に到着した。そこには多数のキリシタンに伴われて、ガスパル・ヴィレラ師が一行を待っていた。フロイス師は彼に都での出来事について報告した。この聖堂は既述のように都で毒殺された若い貴人(結城左衛門尉)によって飯盛城の麓に建てられたものである。」

フロイス一行が鳥羽から船で川を下り夜になって着いた枚方の地は、間違いなく鍵屋浦でしょう。当時船宿であった鍵屋は今、市立枚方宿鍵屋資料館となり、ここを拠点とする枚方文化観光協会の2019年カレンダーに「くらわんこ」がフロイスになって登場したという次第です。とっても嬉しいことですので紹介させて頂きました。
他にも枚方とフロイスのエピソードをご存知でしたら教えてください。

 

 

One Reply to “ルイス・フロイスに なった「くらわんこ」 寄稿者Fさん”

  1. 枚方に、纐纈さんとおっしゃる方がいらして、平成になってからは変わったお名前が珍しくなくなりましたが、、あるテレビ局のを引退された方が戦後、お母様が枚方に女性が働く手段として、洋裁学校を始められたというところでお逢いでき、枚方は少なくとも400年前には、朝鮮半島の民が移住してきただろうと言われてるそうです。日本人の感性では月とお日様ですが、朝鮮半島から星への文化が入ったので、周辺には日本人にはロマンチックでハイカラに感じる地名が残ってるのでしょう、と。
    私が育った大阪市の南の方では、聖徳太子は百済の王子さまというのが当たり前のこととして浸透していて、、聖という字自体を昭和まではキリスト教専門用語だと思っていました。
    で、、聖徳太子って、固有名詞のお名前ではなく、、聖、徳皇太子さまという感じなのでしょうか。 笑 日本の神道とも自然を大切にし、敬愛する価値観でもアイデンティティは実は多いようにも思えます。昭和30生まれですが、小学校で仏教僧は妻帯せず菜食主義だと子供達は言っていて、家族を持ってるお坊さんはなまぐさ坊主とされてもいました。修道士や修道女の価値観と共通点がハッキリしています。そして、昭和50代までは美智子皇后さまはキリスト教関連の絵本の翻訳もされていました。。戦後、神道ご家庭から、シスターになられた方もいらっしゃり、定義上は、神道ともキリスト教って多神教と一神教という風に異質にされていますが、価値観的には近い歴史を辿ってきてると思います。特にカトリックの歴史は。。マリア信仰というのが、神道の起源である母性への崇拝、命への思い、母の愛を特に大きく考えてきた歴史とも合い通じる感性にも思えます。ただ、、戦時中の特高や憲兵らの敵視政策が戦後もそのまま引きずってるような気がして残念に思うところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です