主の御降誕 おめでとうございます!

今日、わたしたちのために 救い主がお生まれになった 共によろこび祝おう

12月24日 夜半のミサ

子どもと家族のミサ 午後4時30分

信徒の高齢化が進み、このミサへの参加者が年ごとに増えている。今年も聖堂はほぼ満席になった。ミサの中で教会学校の子供たちが、クリスマス物語を影絵で演じて拍手を浴びた。

一般ミサ  午後7時

ミサの始まる前に聖歌隊「ステラマリス」がクリスマス・キャロルを披露した。曲目は、ホワイト・クリスマス、あめのみつかい、もろびとこぞりて、まきびと、アデステ・フィデレス、しずけきの6曲で、降誕祭のムードを盛り上げた。ミサは久しぶりにお会いする方や一般の人たちも参加して満席となった。
ミサ後には祝賀バーティが集会の家で行われ、婦人会の皆さんによる食事を楽しみながら主の降誕をお祝いした。

国際ミサ  午後9時

日本語や英語・スペイン語などによる多言語のミサ、フィリピンやラテン共同体の人達が参加した。日本人信徒の積極的な参加が望まれる。

12月25日(日中のミサ)

一般ミサ  午前10時

ミサの前にガールスカウトによるハンドベル演奏が行われた。ミサ後クリスマス会、Aさんの腹話術もあり、最後はフラデラ神父のサンタさんがプレゼントを持って登場した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です