クラレチアン ミッションデイ

1849年7月16日にクラレチアン宣教会が創設されました。その日に因んで、頂いた賜物と使命に一人一人が気づき自覚してもらうために、今回初めて7月14日(日)に枚方教会にてクラレチアンミッションデイとしてミサが行われました。

香港から14名、マカオから19名、神父様2名を含めて35名が海外からこの記念日に合わせて枚方に来られ、今市、大東、門真の教会からも参加がありました。アベイヤ司教がミサの司式をされ、聖堂は補助椅子を出すほどに溢れました。

第2朗読と聖歌の一部を香港・マカオの信者が歌われ、閉祭の歌「ミゼルコルディア」を一緒に歌い、クラレチアンファミリーとして同じ心で一つになれることの素晴らしさを実感しました。

ミサの後は、集会の家に集まり、マカオのジョジョ神父から2015年に起きたネパール地震に対する支援活動の報告がありました。

      ジョジョ神父の報告

更にジョジョ神父によるプロ級のマジックを数多く披露して頂き、参加者全員楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

       ジョジョ神父のマジック

マジックショーの後、椅子とテーブルを入れ替えて、ボランティアの皆さんによって準備されたカレーを全員でおいしくいただきました。デザートにスイカも出されて、香港マカオの皆さんにも大好評でした。

今回、香港から来られた方は枚方教会の和室に、マカオから来られた方はレジデンスに宿泊されました。ミサ前日に行われた壮年の集いにも全員合流されて楽しいひと時を過ごされました。

      壮年の集いの様子

おでん、たこ焼き、焼きそば等をみんなで一緒に戴き、互いに歓談したり、踊ったり、カラオケで一緒に歌ったりと大いに盛り上がりました。

香港マカオの皆さん喜んで帰られました。準備や接待に協力頂いた皆様お疲れ様でした。有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です