ペシャワ―ル会を支援
クリスマスチャリティコンサート

ペシャワール会の代表である中村哲医師が、2019年⒓月4日に現地ジャララバードで銃弾を受けて亡くなられました。

アフガニスタン難民のため、医療、井戸掘削、灌漑用水路開拓など人道的平和的な活動を続けて来られた姿は、私たちの信仰の鑑でした。

コンサートは12月15日(日)午後1時半から聖堂にて行われ、長崎神父の挨拶の後、社会活動委員がペシャワール会について、「現地の人の生活を大切にした中村医師の活動は、民衆の大きな協力を得て来た。タリバンさえも協力者だった。だからペシャワール会の活動は継承されて行く。私たちも支援を続けたい」と語りました。

鷲山かおりさんのオープニング演奏に続き、聖歌隊が待降節に相応しい歌3曲を披露。

鷲山さんはサラサーテの「ツィゴイネルワイゼン」などを温かい音色で披露し、新参加のソプラノ矢吹征子さんがシューベルトの「アベマリア」などを歌われました。

アンコールとして、中村さんと共に亡くなられた5人の方を追悼する「アメイジング・グレイス」が演奏され、最後は皆で「きょしこの夜」を合唱して会を閉じました。

義援金11万5900円をペシャワール会に送ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です