教皇フランシスコ来日
長崎・東京でミサ
核兵器のない平和を熱烈にアピール!

教皇フランシスコは2019年11月23日から26日まで、日本を司牧訪問された。

教皇の来日は、聖ヨハネ・パウロ2世教皇以来38年ぶり。

教皇フランシスコは長崎・広島を訪れて、「核兵器は、安全保障の脅威から私たちを守ってくれるものではない。」と、世界に対して強いメッセージを発せられた。

日本に対して共感と愛着を抱き、やっと日本を訪れることが出来たと語る教皇フランシスコ。

その司式のミサが、11月24日に長崎県営野球場、25日に東京ドームで行われた。

枚方教会の参加者から3人の方の感想を頂いた。

長崎のミサに与って N・F

直前まで雨の長崎県営野球場は、教皇フランシスコ到着の時にはすっかり晴れ上がり教皇を大歓迎でした。

ミサに先立ち教皇はオープンカーで球場内を巡り、3万人の信者に手を振り続け、何人もの幼児を次々に抱かれて祝福されました。

教皇の優しさを感じた瞬間でした。

説教で心に残った言葉…。「カルワリオでは多くの人が口を閉ざしていた。大勢の嘲笑の中で盗賊の声だけがそれに逆らい、苦しむ罪なき方を擁護した。それは勇気ある信仰宣言。沈黙か嘲笑か、あるいは告げ知らせるか。私たち一人ひとりが決断することです。」

更に具体的ターゲットとして教皇は、訪日の機会に世界に向かって次のあるべき姿を提言されました。

1、これ迄の戦争によって踏みにじられた犠牲者たちは、第3次世界大戦で今もなお苦しむ人々を助けること。(アフガニスタン支援の中村医師の銃撃による死が身近にあったばかり)

2、原爆の使用は勿論、製造、配備等も中止すべき。

3、原子力発電所新設と稼働中の原子力発電所の停止。

パパ様がやって来た! K・S

教皇様は日本訪問が決まった時こうおしゃいました。

「心の準備をして下さい」。

果たして日常の雑事に追われて、心の準備も出来ないままの東京行きでした。

ミサの日は初夏並みの気温となり、時間が経つほどに人、人、人でいっぱいになりました。

期待に胸を膨らませながらミサの始まりを待ちます。

やがてパパモービルに乗ってパパ様が登場、ドーム内は一気に沸き立ちます。

美しい聖歌に彩られた素晴らしい国際ミサでした。

パパ様の日本語でのお言葉の一つ一つが自分を見つめ直す糧です。

「日本のカトリック信徒の信仰を更に揺るぎないものとするために来ました」ともおっしゃいました。

教皇様の説教を心に噛みしめたいと思います。

不安になったり、この世の矛盾を感じ揺らぐ時に…。

何もない時でも思い出し、自分自身と対峙したいと思っています。

東京ドームの教皇ミサ M・A

日帰りで東京ドームでの教皇ミサに与りました。

ドームは、教皇来日を心待ちにしていた熱気が溢れています。

オープンカーで教皇が現れ、笑顔で抱き上げられた子供に祝福のキス、優しい顔が身近に感じられました。

テーマは「すべてのいのちを守るため」。

ミサが始まりパパ様が「全能の神と…」と言われると、感激でウルウル。

答唱詩編はシスターの透き通る声がとても素敵でした。

教皇の説教。「日本は経済的に発展したが、家庭や共同体は過当競争で傷ついている。人々は自分の存在意義を見出せず〝孤独〟を感じている。弱い人、障害のある人は愛するに値しないのか…。共同体として傷ついた人をいやし、和解とゆるしの道を常に示す〝野戦病院〟となろう。異なる宗教を信じる人々と対話を重ね、命を守る社会にしよう。人や状況を判断する唯一の基準は、神が示しておられる慈しみ。」

共同祈願は、日本語ほか6ヶ国語で行われ、女子修道会やカトリック系高校、麴町教会などによる聖歌隊も素晴らしかった!

ミサに与り同じ時を枚方教会の方々と共有できたこと、感謝で一杯です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です