「静 か に」 ー関西学院大学神学研究科前期課程在学生ー 河北朝祷会より(2016.6.9 第190回)

聖書で鍵となる物語、出エジプト記からメッセージを分かち合いましょう。神さまが契約を結んだアブラハムの子孫であるヨセフは兄たちの嫉妬からエジプトに売られました。後にイスラエルの民は400年以上にわたりエジプトで奴隷として働きます。

大国エジプトからどうやって逃げ出し、自由の身になれるでしょう。神さまは、燃える柴の間から、モーセに言われます。「今、行きなさい。わたしはあなたをファラオのもとに遣わす。わが民イスラエルの人々をエジプトから連れ出すのだ」。モーセの幾度もの交渉はファラオに聞き入れられず、神さまは様々な災いをエジプトに送られました。 “「静 か に」 ー関西学院大学神学研究科前期課程在学生ー 河北朝祷会より(2016.6.9 第190回)” の続きを読む

聖霊に後押しされて  長崎 壮神父

長崎神父写真

復活祭で長い準備期間を経た新受洗者を教会に迎え、ひと段落ついたと思っていると、不思議なことに初めて教会を訪れる人がひとりまたひとりと来られます。その人たちを見るとその人たちだけでなく、迎える側の私たちにも聖霊の後押しのような不思議な働きを感じずにはいられません。枚方教会の共同体を通じて、イエス・キリストに出会うように招かれた人たちを毎年、 毎年送ってくださる神様に感謝しつつお迎えしたいと思います。

ところで、私たちの信仰というものは人から人へと伝えられていくものです。確かに入門講座を担当するのは多くの場合は司祭ですが、自分自身のことを思い出してあらためて気づくことは、 一人の人が洗礼を受けるに至るまでには何人もの人が関わっているということです。入門講座に紹介してくれた人、ともに励まし合いながら学ぶ人、そして洗礼を受けるまでの期間に折にふれて声を掛けてくれる人など・・・。 “聖霊に後押しされて  長崎 壮神父” の続きを読む

隠れた神 ーカトリック枚方教会 信徒 I.O- 河北朝祷会より(2016.5.12 第189回)

聖書百週間という聖書を読み、分かち合う場があります。その週の範囲を最初の一日か二日は知識として読み、その後、言葉を手で触るようにたどっていき、心に響くことを反芻し、温め、それが神様とのお喋り、祈りに、お願いの祈りが感謝の祈りに変わっていきます。毎週、黙想会をしているようなものです。

先日、教会の社会活動委員会で募集した大阪の教会の人達で福島のボランティアに行きました。5年を過ぎ、福島への関心は薄れているような中で、自分の五感で受け止めたいと思っていましたが、結果は恵みとなりました。

福島は復興の入り口に入ったかなという状態です。現地の風評被害の農家の支援、また仮設住宅での孤立死、自死を防ぐ活動なども、こちらではあまり知られていません。それでも被災者として社会に知られた人は、まだましかなと思います。悲しみや苦しみの比較はできません。しかし被災者、障碍者、ホームレスなど、その存在が知られている人達は、そういうものとして扱われます。 “隠れた神 ーカトリック枚方教会 信徒 I.O- 河北朝祷会より(2016.5.12 第189回)” の続きを読む

主の平和(シャローム) 主任司祭 ハイメ・シスネロス

ハイメ神父写真

復活されたイエスは弟子たちに現われて言われた、『あなたがたに平和があるように』(ヨハネ20:19)。

またイエスはミサの中で祈る教会を通して語りかけて下さいます。『わたしは平和をあなたがたに残し、わたしの平和をあなたがたに与える』(ヨハネ14:27)と。

平和を与える主の声の響きを、わたしは皆様に送り伝えます。これは神の恵・ゆるし・信頼・信仰等を感じさせてくれる恵みだと確信しています。また信仰の土台にイエスからの『平和の恵み』があることを認めると安心します。 “主の平和(シャローム) 主任司祭 ハイメ・シスネロス” の続きを読む

知恵と知識はキリストのうちに ー日本基督教団 森小路教会 牧師 ー 河北朝祷会より(2016.4.14 第188回)

コロサイの信徒への手紙(2章1~5節)私が遣わされています森小路教会では、毎月聖句を選んで、「今月の聖句」として共に黙想しています。今月の聖句は箴言1章7節の「主を畏れることは知恵の初め」という有名な句です。

そこで特に知恵について黙想しておりましたところ、新約でコロサイの信徒への手紙2章が思い浮かびました。パウロは伝道旅行をしましたが、その際にコロサイやその近くのラオディキヤには寄らなかったようであり、それでも、まだ行ったことがない教会の信徒たちへ獄中から書き送っているのがこの手紙です。

会いたくても会えないもどかしさを感じながら、離れていても彼らの心を励まし、愛を伝え、正しい福音理解を伝えようとしているのです。パウロが伝えようとしているのは神の秘められた計画です。それはキリストに他なりません。少し加えて言いますと十字架の言葉でもあります。 “知恵と知識はキリストのうちに ー日本基督教団 森小路教会 牧師 ー 河北朝祷会より(2016.4.14 第188回)” の続きを読む

「思い巡らす」 -カトリック枚方教会信徒 M. S ー 河北朝祷会より(2016.3.10 第187回)

私は、厳格な律法の教育を受けた熱心なユダヤ教徒のサウロが、キリストに出会って裏切りともいえる回心をしたことに興味を抱きました。サウロは、ユダヤの唯一の神の律法を守ることが「義」であり、それを遵守しないキリスト者を異端とし、その撲滅に奮闘します。

撲滅するための権限が与えられていたサウロは、ダマスコへ遠征の途中、突然、天からの光に照らされ地面に倒れます。倒れたサウロに主は、「なぜ私を迫害するのか」と問いかけ、そして、「わたしは、お前が迫害しているイエスである」と語り、ダマスコへ行くことを命じます。地面から立ち上がったサウロの目は見えなくなっていて、同行の者の助けを借り、3日後ダマスコに到着します。 “「思い巡らす」 -カトリック枚方教会信徒 M. S ー 河北朝祷会より(2016.3.10 第187回)” の続きを読む

こだわり  長崎 壮神父

長崎神父写真

もう十数年前のことであるが、ある有名ラーメン店を取材した番組を見た。小さな店内は開店と同時にすぐに客でいっぱいとなり、順番を待っている客が店の外に並べられている椅子に座っている。皆が無言でうつむいている姿はこれからおいしい物を食べるのを楽しみに待つ姿には見えない。小さな子どもや香水がきつい人の入店はお断り。さらに雑誌や新聞を読みながら食べているとラーメンの「道」を究めたとされる 『こだわり』の強い店主の非常に厳しい視線が客に注がれ、客は否が応でも食べることに集中させられる。

食いしん坊の自分は道を究めた名人の味を一度試してみたいと思う一方、 狭量とも思えるその名人の『こだわり』に複雑な思いを抱いたまま、ついぞその店を訪れることはなかった。 “こだわり  長崎 壮神父” の続きを読む

いつくしみ フェリックス神父 

イスラム国と称する集団の数々のテロ事件、シリア等のあちらこちらの戦争や紛争ニュース。また国内でも守口の殺人、増え続けるオレオレ詐欺事件等々。頭が痛いというより心が裂かれるような心情です。

なぜそれほど悪いことをしないといけないのか。テレビで犯人が逮捕された時の映像を見ると、顔は淡々としています。誰もが理解に苦しむことでしょう。そんなことをする人たちには心があるのだろうかと疑うほどです。よく言われる共通点は、サイコパスという精神病です。この言葉の意味をウィキペディアで調べると「反社会的人格の一種を意味する」と書いてあります。感情を失い、人と共感できない人のことです。相手が苦しもうが、命を失うことになろうが、自分として何にも感じません。愛情、憎しみ、痛みはありません。 “いつくしみ フェリックス神父 ” の続きを読む

「恐れるな」 ルカ 五章一~十一節 ー日本基督教団マラナ・タ教会牧師ー 河北朝祷会より(2016.1.13 第186回)

わたしたちは大そう疲れている時があります。そんな時に、イエス様のお声を聞いても頭も体も動かないかもしれません。徹夜で働いたのに何もとれなかった漁師のペトロは、まさにそういう状態にありました。それでもお言葉ですからと、御命令に従い、驚きひれ伏す経験をします。そして、「恐れることはない」というイエス様の決定的な言葉に出会いました。

注目すべきことは、捕れないはずの魚が一杯捕れたことではありません。御言葉に従い神の御業に接したとき、ペトロが瞬時にひれ伏し全てを捨ててイエス様に従ったことです。 “「恐れるな」 ルカ 五章一~十一節 ー日本基督教団マラナ・タ教会牧師ー 河北朝祷会より(2016.1.13 第186回)” の続きを読む

ゆるし、ゆるされ、恵みの年に  昌川 神父

人類が、豊かさを優先した代償としての地球上の異変にも拘らず、今年も主の降誕と、神の母マリアにお奉げする新しい一年を迎えられたことは、このまま人類が生き方の責任を取って滅びに向かえば良いのではなく、 真の幸せに向かうべく『ゆるしと祝福』への招きだと、『神の慈しみの特別聖年』を感謝せずにはいられません。

人類は、物質的にも知的にも豊かさが増したとき、神は要らないと考えるようになり、手当たりしだい『富』を追い求める人になりました。そして皮肉にもその豊かさの中で今『生きがい』を探している人がなんと多いことでしょうか。 “ゆるし、ゆるされ、恵みの年に  昌川 神父” の続きを読む