アベイヤ神父の 司教叙階式

7月16日(月)に大阪カテドラル聖マリア大聖堂にて、アベイヤ神父と酒井俊弘神父の司教叙階式ミサおよび枢機卿親任報告が行われました。
枚方教会からは貸し切りバスをチャーターし、電車で行かれた方も含めて多くの人が大変暑い中参加されました。会場に入れるのは9時からでしたが、9時前には既に多くの人が屋外テントの下の椅子に座って待っておられました。
11時から式が始まり、教皇代理による任命書の朗読、前田枢機卿による説教、受階者の約束、諸聖人の連願等の式典とミサが行われ、13時15分頃熱中症にかかる人もなく無事終了しました。アベイヤ神父、司教叙階おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。新たな役割を与えられ益々ご活躍されますよう、お祈りいたします。

私を励ますキリシタンたち(カトリック枚方教会信徒 T.F) 河北朝祷会より (2018.7.12 第212回)

先日、長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産がユネスコの世界遺産に登録が決まりました。これは17世紀から19世紀の約250年に及ぶキリスト教禁教下、既存の宗教や社会と共生しながらひそかに信仰を続けた潜伏キリシタンの文化的伝統を示す資産群とされています。 “私を励ますキリシタンたち(カトリック枚方教会信徒 T.F) 河北朝祷会より (2018.7.12 第212回)” の続きを読む

おかんどうしてる?  長崎壮神父

同じ国の中でも地方それぞれに特別な言葉があります。
関東で生まれ育ち、司祭叙階後にはじめて大阪で暮らし始めることになった私には、この地で会える古くからの友人はごく僅かで、普段の交友関係といえばもっぱら教会の中のお付き合いに限られます。
そうしたお付き合いの中で最近は大阪ことばを聞いてその響きや意味の豊かさを楽しむ余裕も出てきたようです。
そのひとつ、三十~四十代の男性信者さんと話をしているとしばしば新鮮に響く言葉があります。 “おかんどうしてる?  長崎壮神父” の続きを読む

愛と真実( 学校法人大阪夕陽丘学園  常務理事・法人事務局長 ) 河北朝祷会より (2018.6 第211回)

「学園に来たり学ぶ者は、知識・技能より、その第一に『良き人間』になることを心がけなければならぬ」

「愛と真実こそ『良き人間』たる根本であり、真の愛は好き嫌いを越えたより大きな愛であり、真実とは人を偽らず正しい行いをする生活である」

この4月から私は生涯で3つ目の職場となる大阪夕陽丘学園に勤務しております。冒頭の言葉は、前半が学園の建学の精神であり、後半はその教育理念を説いたものです。 “愛と真実( 学校法人大阪夕陽丘学園  常務理事・法人事務局長 ) 河北朝祷会より (2018.6 第211回)” の続きを読む

聖クラレチアン宣教会総長の枚方教会訪問

6月17日(日)聖クラレチアン宣教会の総長、マシュー・バタマッタン神父が枚方教会に来られました。11時からのミサでは、その日の福音(マルコ4章、26~34節)を総長が英語で朗読され、その後フェリックス神父の通訳で説教をして頂きました。  “聖クラレチアン宣教会総長の枚方教会訪問” の続きを読む

婦人会黙想会 6月15日

パブロ・セコ神父

パブロ・セコ神父(スペイン外国宣教会)

スペイン・マドリード生まれ 和歌山紀北ブロック

「ミサ典礼と信仰」 典礼を通して信仰を表す

今日の典礼は、第2バチカン公会議で、私達信徒の役割を強め、信仰を育てるために微妙に変更されました。私達の信仰をもっと分かり易い形で表したかったのです。特に、キリストである祭壇を囲んで集まる共同体であることを重視した典礼です。
入祭行列から始まるミサは、地上を旅する神の民である信徒が、十字架に掛けられたイエス様に従って、神に向かって歩む信仰の旅です。だからミサの入祭時、皆さんが立つのは、神と一緒に歩む姿勢を示しています。 “婦人会黙想会 6月15日” の続きを読む

教会での聖霊の働きについて ―聖イレネオ司教の教え―  フラデラ神父

フラデラ神父

5月20日に聖霊降臨の主日を迎え、聖霊に満たされた教会の誕生を祝いました。
復活されたキリストは、弟子たちに聖霊を送ることを約束され、五旬節の日に聖霊を受けた弟子たちは、聖霊による洗礼により、人々を神の子へと生まれ変わらせる権能を授けられました。教会はその権能を受け継いで来ました。

枚方教会ではこの時期に堅信式に向けての準備が始まると聞きました。私たちにとって堅信の秘跡は聖霊降臨のようなものです。そこで古代教会の教父聖イレネオの聖霊の働きについての教話を聞いてみたいと思います。 “教会での聖霊の働きについて ―聖イレネオ司教の教え―  フラデラ神父” の続きを読む

看板から広がる世界

看板

枚方教会の長い階段の下にある青い看板があるのをご存知ですか?私は毎朝ミサに通っていましたが、心に留めて見るようになったのは最近の事です。

これは、田中家のむくの木を示す看板なのですが、昨年の終わり頃、野崎観音の梵鐘の内部にある十字について色々調べてみるうちに、このむくの木の近くで鋳物工場を営んでいた田中鋳物工場が、野崎観音や龍尾寺の梵鐘を作っていたことを知りました。 “看板から広がる世界” の続きを読む