The Philippine – English Community(フィリピンー英語共同体) 2019年2月

The Philippine-English Community

Catholicism in the Philippines rapidly spread during the early years of Spanish Colonialism. Its close associations with Filipino identity have placed the Catholic Church at the heart of nationalism, social justice and other movements, while at the same time has been associated with power and politics at various points in its history. Since the colonial period, Catholicism has been the cornerstone of Filipino identity for millions in the Philppines. In 2015, it was estimated that 84 million Filipinos or roughly 82.9% of the population profess the Catholic Faith.
The Catholic Church has great influence on Philippine society and politics. Also, the Catholic Church is involved in education at all levels. It has founded and continues to sponsor hundreds of secondary and primary schools as well as a number of colleges and internationally known universities.
Catholic holy days, such as Christmas, Good Friday, etc. are observed as national holidays, with local saints’ days being observed as holidays in different towns and cities.
Overseas Filipinos have spread Filipino culture worldwide, and have brought Filipino Catholicism with them, and that just shows how strong each Filipino’s faith and devotion is to Catholicism.

 

フィリピン共同体

フィリピンのカトリックはスペインの植民地時代の初期に急速に普及しました。フィリピン人の一体性との深い関係においてカトリック教会は、フィリピンの民族主義、社会正義やその他の運動の精神的支柱になっており、フィリピンの歴史上様々な時点で、権力や政治と関わってきました。植民地時代以降カトリックは多くのフィリピン人にとってその一体性の礎石でした。2015年現在で約84百万人(人口の82.9%)がカトリックの信者です。
カトリック教会はフィリピンの社会と政治に大きな影響力を持っており、またあらゆる階層の教育に関わっています。多くのカレッジや国際的に知られた大学は勿論のこと、何百という初等学校や中等学校を創立して今もなお支援を続けています。
クリスマスや聖金曜日のようなカトリックの祭日は国民の休日とされ、またフィリピンの聖人の記念日も、関係するそれぞれの町や市において休日として祝われているのです。
海外ではフィリピン人がフィリピン文化を世界中に広めていますが、カトリックの信仰も彼らによってもたらされているのです。これはフィリピン人の信仰の強さとカトリックへの献身の強さの証です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です